小学校 研究主任のお仕事(4年生の担任)

30代で教務主任になり、日々の仕事について書いてます

教育実習9

  今日はテストの実施と返却の仕方を見せました。これは、人により考えの違いはあるので、正しいかどうかは別の判断で。

私はできるだけ12時間目にテストをします。そして、名前ややり直しの仕方を説明したら、、テスト開始です。

  テストができたら、私のところに持ってきてあとは課題をこなします。子どもたちは。その課題はその時々で違いますが、基本的には1人でできるものです。

その間にテストを採点、名簿にてんすうを記入して、すぐに返します。そしたらやりなおしです。ですから、放課後には、テスト集計ソフトに、入力しかしません。丸つけは教室で完了です。

 これが良いかどうかは人により違うと思いますが、利点は子どもへのフィードバックの早さです。

時間が経てば経つほど、子どもはできなかったところの記憶がなくなります。もちろん必要感も。

 できるだけすぐに返すことで、自分の課題を復習し、記憶に残すことができます。

  もちろん事務仕事は減ります。もちろん良いかどうか、人それぞれです。