小学校 研究主任のお仕事(4年生の担任)

30代で教務主任になり、日々の仕事について書いてます

仕事術4

朝。

 

 これは私が早起きが得意だからやっていることです。起きるとそこから夜(基本的に9時に寝るのですが)まで、生まれてから眠気に襲われたことがほとんどありません。もちろん、宿泊、運動会など行事の後、打ち上げ中などは別ですが、眠気がほとんどありません。

 

 【起きてから出発まで】

  1. 起きたら水を飲む。
  2. 布団をきれいにする
  3. ご飯を準備する(テレビを聞きながら)
  4. ご飯を食べる
  5. 歯を磨く
  6. トイレをすます
  7. シャワーを浴びる
  8. 着替える
  9. 出発する

 

たったこれだけです。やることは年間で変わりません。迷いなく進めていきます。

 

【学校についてから子どもが来るまで】

  1. 出勤印を押し、出勤の表示にし、アレンジャーに入れてある配布物をとり、机に置く。
  2. パソコンをつける
  3. 更衣室に行き、着替える
  4. 茶を入れる
  5. 机に戻り、前日退出後に配布された資料などを読む。
  6. 装備を整える(A4の書類が入る多機能バックをもち、筆箱をセットする)
  7. 必要な書類をプリントアウトして、児童数分印刷する。
  8. 今日の予定を確認し、手帳に記入
  9. 順番にタスクを処理する(ここでは、考えないで済むようなことしかしません。入力や出張簿とかアンケート記入など)
  10. 情報収集(学年、校務のことなどいろいろな人と話す。おしゃべりすきなので)
  11. 教室に上がり、窓開け、簡単な掃除、生き物の様子を見る
  12. 昨日の出来事を書く。掲示係がこの後張ってくれます。
  13. 黒板に朝来てからやることを書き、今日の授業をシュミレーション

 もちろん突発的な教員、児童、保護者対応はありますが、このことをこなしていきます。迷わずやっていくことが大切です。朝はあまり考えることがうまくいかないので、次に何をやるかを明確にしておくことが大切です。