小学校 研究主任のお仕事(4年生の担任)

30代で教務主任になり、日々の仕事について書いてます

宿題

 私は、小、中、高2までまったく宿題や勉強をしていませんでした。数学は好きなので行き帰りのバスでやっていましたが、それ以外は全くやってていませんでした。

 高2からある理由で勉強をしないといけなくなり、そこから寝る間も惜しんで、小学校から勉強をやり直し、何とか浪人1年で大学に受かることができました。

 

 そんな私が子どもたちに宿題を出すのはいかがなものかとよく思ってはいます。なぜ宿題が必要かを自分自身で納得していないと子どもたちに本気になれないので、上記の話を年度初めにします。

 

 私が高校2年で勉強を始めたとき一番つらかったことは、勉強がわからないとか、どこから手を付ければいいかなどではなく、まず座って勉強を一人でするということでした。

 

 ゲームなら、漫画なら・・・。

 

 鉛筆(シャーペン)を持ち座ってノートに書く。これだけが異常な苦痛でした。たった30分を耐えきれませんでした。

 

 

 (小学生の)宿題に完璧は求めていませんし、宿題をすることで学力が上がるとは思いませんが、座って勉強する習慣を身に着けることは後々とても有効なことだと思います。そのために宿題を出しています。