小学校 研究主任のお仕事(4年生の担任)

30代で教務主任になり、日々の仕事について書いてます

仕事術7(放課後の過ごし方)

【放課後の過ごし方】

 

 子どもたちが帰ってからの仕事の仕方は大まかに分けて2つありあります。会議がある人ない日の過ごし方です。今日は会議ある日の過ごし方を書いていきます。

 

 本校は6時間目まである日は、3:30が下校完了になります。そこからをスタートとすると、

 

  1. 戸締りの確認
  2. 職員室にもっていくものをバックに詰める(提出物、ノート、筆箱など)。教科書は予備を職員室に置いているので、持っていきません。
  3. 電気・エアコンをけす。
  4. 階段を下りて下駄箱を見る(靴隠しなど内容に毎日チェックします)
  5. 職員室に荷物を置き、タスクチェック
  6. 15:50分まで簡単なタスクをこなす。または保護者に連絡など。ない場合は、週案をできるとこまでやる。
  7. 会議開始(だいたい15:50~16:45)
  8. 終わり次第、机を片付けて明日やることをノートに書きだし帰る。

 

以上です。放課後は、無理してたくさんのことはしません。明日やれることは明日以降にやります。緊急の場合や学年・学校に関係する重要事案の場合は残ります。残業するのは、嫌いではないのです。むしろ好きです。

 

 しかし、時間を区切らないといつまででもいてしますので、今は17:30を限界にしています。