小学校 研究主任のお仕事(4年生の担任)

30代で教務主任になり、日々の仕事について書いてます

教務主任になってまずやったこと

 教務主任を、前年度の1月にお願いされ、特に、悩むことなく引き受けました。今までの経験でお願いされた人たちは一様に、

 

「え~~。」

 

という、反応でした。私が一緒に働いていた学校の教務主任は、皆が授業・児童指導・人格が素晴らしい人たちで、なにより、まだまだ、学級担任をやりたいという人たちだったからです。

「教務主任は忙しい」

 

 それが分かっているからこそ、学級担任をやりながらは無理、または、どちらかがおろそかになるという不安からだったからだと思います。

 

 その点、私は学級運営は、あまりうまくありません。よくも、わるくも、普通です。しかし、自分の得意分野ははっきりとしていて、事務処理と職員の連絡調整です。

 

 この強みを、管理職はよく理解してくださっていて、30代で教務主任に抜擢してくれました。互いの利害は一致していたので、特に迷うことなく教務主任を引き受けました。

 

 しかし、前回書いたように、私は怒りっぽいのでそのことだけは心配でした。

 

 さて、内示を受けさっそく動き始めたことは、次年度の教育課程の編成と4月の職員会議と行事の作成です。

 

 それぞれについて、次回詳しく。

 

 わかりました。